日本語の難しさ。

標準
日本語とは難しいもので世界的にも

各国語に翻訳することが非常に難しいとされる言語の一つだそうです。

例えば、、英語なら誰が言ってもstop(止まれ)はstopです。

でも日本語になると”止まって”とか”止まれ”とか語尾が複雑に変化します。

他には”これはペンです”も”これがペンです”もThis is a pen. です。

でも”が”と”は” の違いを説明できますか?

他にも説明の難しそうな点にも気付きました。

地球(ちきゅう)   地面(じめん)、漢字は一緒でも音が濁ると”ち”が”し”の濁点に変わります。

なんでなんですかね?

30年近く日本語話してますがなぜだか検討もつきません。

そんなことを考えながらテレビを見ているとフジモンと原西がでていました。

二人のコンビ名は藤本のFUJIと原西のHARAで FUJIWARA。
images11

FUJIHARAじゃなくてFUJIWARA?HARAがWARAに変わるんです。

ヒューー、日本語マジ、チョーヤベェ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中