夏目漱石

標準

知ってました?夏目漱石って英語の先生だったんですって。

英語ってI love you って日本語では”あなたを愛しています”って感じですかね?

でも ”あなたのことが好きなんです”あたりも  I love you でいけそうな感じですね。

なんなら映画の最後のシーンで” I love you”が”あなたのことは一生忘れないわ”って吹き替えられてたりします。

昔、漱石がある学校で教鞭をとっていた時の事、ある生徒が漱石先生に

”I love you”ってどういう意味なんですか?って聞かれた時の答えが、

”月が綺麗ですね”って教えたらしいですよ。”それで伝わりますよ”だって。

images5

 

 

でも、なんかそれでも伝わりそうですね。漱石、オシャレやん?

そして二葉亭四迷っていう小説家は翻訳の仕事もしていて

I love you を”死んでもいい”って訳してたみたいですよ。

あなたならなんて訳しますか?

 

今年もALTEREGOのブログ、ALTERBLOGをよろしく願い致します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中