カジョーホーソー。

標準

最近は、ものが送られてくる際、緩収材として、ざらばん紙(?)がグシャグシャにして、

商品などの隙間に埋められていうことが多くなりました。

一昔前ならエアキャップ(通称プチプチ)等が主流でしたが、環境のためか地球にやさしい再生紙が使われています。

そして最近、また、アメリカのアマゾンで久しぶりに買い物しました。

ちょっとしたものを買っただけなのにでっかい箱のニンマリ顔が届きました。

写真 (15)(黄黒の靴は比較対象用です)

箱デカ過ぎ。そして例の商品を守る緩収材がたっぷり。

写真 (16)

 

でかい箱にたっぷりの緩収材。商品を無事に届けるというゴールは達成してますが、

この量では地球環境の為に使っている事が本末転倒な量でした。

それがこの長さ↓

写真 (17)

 

8m位ありました。

半年ほど前にイギリスのアマゾンでイモムシのおもちゃ買った時は、

梱包が簡素すぎて触覚が折れてましたけどね~~。

バランスって大事ね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中