梅雨入り、梅雨明け。

標準

いるの?その宣言。。

images (16)

 

今年の梅雨は、入って早々、あまり雨が降らなくて「カラ梅雨」といわれていました。

そして梅雨が明けてまたどっさり雨が降ったら「戻り梅雨」といわれていました。

なら、大体の時期に梅雨はいりましたよーっていっといて、降ったらラッキー、

ふらなかったらカラ梅雨ですねーって言っときゃいいんでしょ?

そして大体の時期になったら明けましたよーっていっといて、降ったら、

戻り梅雨ですな~~って言っときゃいいんでしょ?

そんなもんなら、いりますか?梅雨入り梅雨明け宣言。

 

ちょいと季節はずれのブログでした。

ダウンロード (25)

 

 

広告

13年もの。

標準

わたくし、和田テンチョは貧乏性と倹約家が重なって物持ちが良すぎます。

パッと考えるだけでもゆうに10年以上使っているものがいくつも浮かびます。

代表的なもので言うと、サングラスだったり、

images (14)

ウィンドブレーカーだったり。

images (15)

それぞれに共通することはその分野により特化していて同分野のやブランドより少し値段が高いということでした。

やはり、物、道具というのは”使う”という行為に耐えうる仕様が必要です。使いやすくてもすぐ壊れてしまっては、

永く使う上でコスパに優れません。

うちのばあちゃんがよく言ってました。

”安物買いの銭失い”

今も昔も少し高くても

「良いものは、良い」

みたいですねぃ。

 

次回は東京ディ○○ーランドに混んでない時に行く方法。

をお送りします。

乞うご期待!

カジョーホーソー。

標準

最近は、ものが送られてくる際、緩収材として、ざらばん紙(?)がグシャグシャにして、

商品などの隙間に埋められていうことが多くなりました。

一昔前ならエアキャップ(通称プチプチ)等が主流でしたが、環境のためか地球にやさしい再生紙が使われています。

そして最近、また、アメリカのアマゾンで久しぶりに買い物しました。

ちょっとしたものを買っただけなのにでっかい箱のニンマリ顔が届きました。

写真 (15)(黄黒の靴は比較対象用です)

箱デカ過ぎ。そして例の商品を守る緩収材がたっぷり。

写真 (16)

 

でかい箱にたっぷりの緩収材。商品を無事に届けるというゴールは達成してますが、

この量では地球環境の為に使っている事が本末転倒な量でした。

それがこの長さ↓

写真 (17)

 

8m位ありました。

半年ほど前にイギリスのアマゾンでイモムシのおもちゃ買った時は、

梱包が簡素すぎて触覚が折れてましたけどね~~。

バランスって大事ね。

ブレない男と、器のでかい男の話。

標準

先日、といっても何年か前の話ですが、

「ぎょぎょぎょ」のさかなクンが、絶滅したはずのクニマスを発見したり、大学の客員准教授になったりと、

まあまあ、世間の話題に上がっている頃、

さかなクンが日本魚類学会に参加した際、天皇陛下もご出席しました。

お国の象徴が参加するという学会にあのふぐの帽子を被ったまま参加したさかなクン。

あのEXILEのあつしさんはサングラスを取って君が代を斉唱したのに、、、

さすが、ブレない男、宮澤正之(さかなクンの本名)。

ab352833d48075a78a603e97a7fe5157_400

 

 

そして器のでかい男の話。

宮内庁職員「今回の天皇誕生日のコメントに

このクニマスの発見の件を仰っては如何でしょうか。」

陛下「おお、それは結構なことです。」
職員「この発見につきましては、京都大学教授と
   さかなクンが関与しているのですが、如何でしょう。」
陛下「おお、あの日本魚類学会で、フグの帽子を脱がなかった彼だね。」
職員「その通りです。我々も陛下に対して失礼かとは思いましたが、
   彼はあれがトレードマークのタレントでもありますし・・。」
陛下「ふふ・・。まあそこまで固く考えなくても宜しいでしょう。」
職員「ところで、ご発表の際の彼の名前の件ですが・・。」
陛下「何かね?」
職員「彼には一応、宮澤正之なる姓名がありますが、
   国民にはこの名前を出しても分からないかと思われます。」
陛下「そうですか。では「さかなクン」で通しましょう。」
職員「光栄に存じます。」
陛下「ところで、さかなクンはクンまでが名前なのですか?
   とすると「さかなクン」さんとなりますが。」
職員「は、クンは愛称と思われますのでそのままで結構かと存じます。」
陛下「ふふ、それは楽しい。この様な者も大切にしなければなりませんね。」

 

一年があっという間なのは。。

標準

毎年、年の瀬に、

「年々、一年が早く感じるわ~~」ってみんな言います。

実はこれ、当たり前のことなんです。

例えば、

10歳の男の子が1年を振り返ると、人生の10分の1を振り返ります。

でもりえちゃんが、36歳だったら、1年を振り返っても人生の36分の1しか振り返らないんです。

100歳の人は人生の100分の1、8月で1歳のマリノちゃんの1年は人生丸ごと振り返ることになります。

要するに、年を重ねるごとに人生の1年に対する割合が小さくなっていくので1年は必ず短く感じるんだよ。

baby-thumbnail2

 

歳って、取るんじゃなくて、重ねるんだよ。

難解クロスワード

標準

470633711098

 

先日、探しに探してモメにモメた募金箱がやっとシカゴからFedexで届きました。

その箱の中の緩収材が現地の新聞でその記事の中に、日本の日曜版でもよく掲載されている

漫画や、クイズのページを見つけた中にクロスワードも載っていました。

これを書き終わったら久々に挑戦しようと思うのですが、パーフェクトで終えないと

解答がないので、わからなかったところがモヤモヤします。

頑張ります。

470633743267

 

 

ちなみにFedexの配達の人超イケメンでむちゃカッコ良かったよ。

募金箱の色々な詳細は次回以降のALTERBLOGにて。

丁寧なせつめいやけど・・・

標準

先日、従業員の女の子が今通ってる専門学校の封筒にふと目をやりました。

写真 (13)

 

通信制用の教科書が送ってくる封筒に、

配本が届かなかった場合や、郵便局にもなかった場合は?

と、説明書きが印刷されていました。

されていました。。。。

って、この封筒が届かなければ、配本が届かない時の説明書きが見れません。

封筒が届いてない時点で今封筒が届くべき時期で、今私には届いてないよ。

ってことすらもわかりませんやんか。。

この封筒が届かないのにどやって配本が届かなかった時のトラブルシューティングをしたらいいのか?

丁寧な説明書きの割に本末転倒な案内ですな。